close >>

『今が旬!いしげだんごは新米を使用しています!』

何処にでもある「だんご」。 だけっど、ちっちゃい頃からばぁちゃんが作ってた「だんご」を食べてっから、今では毎日だんごを作りよる。「明日は、今日よりうまいだんごできっかなぁ」毎日、命かけてこねて、ついてっからいっぺんたべてみてくろ。

「おだんご」の索引

令和2年 新米使用中!


▲いしげだんごが令和二年の新米に切り替わりました!ぜひご賞味ください。

お値段

いしげだんごの価格(税別表示)は以下の通りです。

  800円
 1,000円
 1,500円


▲旬の食材は、香りや旨味が豊富です。この時期しか味わえない団子。一年通して同じようでも一味違う食感をお届けしたい!冬の関サバ、春の新茶、夏の花火ときたら、秋はゆたかや『新米』だんごです。

次の日硬くなってしまったら・・・・

ゆたかやだんごは次の日には硬くなります。それが添加物なし、つきたての本物ってことだよね。

硬いまま食べてもおいしい、って言ってくれる人がいる。ありがとう。でも、次の日は暖めたり、お汁粉にしてもおいしいよ。

▼おだんごちゃんがご案内いたします。↓↓↓

お問い合わせ

石下団子、ゆたかやのおだんごについてお気軽にお問い合わせください。

▲俳句の季語に代表されるように、四季の移ろいに敏感な日本人。フキノトウに春、初鰹に夏、ススキに秋を感じ、正月には気持ちが改まる。民俗学的な視点から、食事や行事に映る「旬」の文化を読み解く。

△目次に戻る
記事公開日: 2020年10月08日
最終更新日: 2020年10月13日

関連する人気記事

Copyright(C) 2020 yutakaya All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE